【2021年最新版】おすすめ法人カード比較|ビジネスを支える人気クレカの選び方

ビジネスを助けるおすすめ法人カード比較

この記事でわかること

法人カードの選び方

おすすめ法人カード

法人カードを作るメリット

法人カードとは法人向けのクレジットカード全体のこと。

社員用の発行カードの枚数が少ないもの(個人事業主向けまたは中小企業向け)をビジネスカード、社員用の発行カード枚数が多いもの(大企業向け)をコーポレートカードと分けられるのが一般的。
当サイトでご紹介しているのは前者のビジネスカードです。

経費精算業務のスマート化、経費の一括管理などコストダウンに欠かせません!

高機能の法人カードであれば、ポイントプログラムや付帯保険はもちろん、ビジネスを支援するサービスも付帯しています。

ここでは法人カードのメリットと厳選した法人向けクレジットカードをご紹介していきます。

【迷ったらこれ!】法人用ラグジュアリーカード(ブラック)

ポイント還元率1.25%の高還元法人カード!
年会費に見合った充実の優待サービスと、一目置かれる金属製のカードが特徴。

法人カードの選び方

一口に法人カードと言ってもさまざまな種類のカードがあります。

しかし、法人カードも基本的な選び方は個人カードと変わりません。

どのカードがいいかお悩みの方は、以下の点を基準に法人カードを選んでみてください。  

年会費の安さ

法人カードは年会費が有料のカードが多いですが、年会費無料のカードも発行可能です。

「少しでもコストを抑えたい」という場合は、以下の法人カードがおすすめです。

三井住友ビジネスカード for Owners:年会費初年度無料2年目以降1,375円(税込)

 

ポイントやマイルの貯まりやすさ

クレジットカードの最大のメリットであるポイント還元は法人カードにも適用されます。

法人カードは運営上のあらゆる支払いをクレジットカードにすることによって、個人カードより多くのポイントを貯めることが可能です。

貯まったポイントは事務用品やマイルへ交換することができるので経費削減につながります。

出張でよく飛行機を利用するという法人は、ポイントやマイルの貯まりやすさをチェックしておきましょう。

ポイントやマイルが貯まりやすい法人カード

 

作りやすいクレジットカード

一般的に、法人カードの審査に通るには「設立後3年以上経過しており、黒字決済が2期連続」という実績が必要だと言われています。

また、通常のクレジットカードと同様に個人のクレヒスも審査の対象になることがあります。

しかし、設立後間もない会社や、過去に支払いの延滞などの金融事故を起こしていた場合は審査が不利になってしまいます。

そんなときは、以下の法人カードがおすすめです。

必要な書類は本人確認書類のみなので、手軽に申し込みやすいというメリットもあります。

 

デポジット型法人カードもおすすめ

デポジット型カードとは、事前にデポジット(保証金)を預けることで発行できるクレジットカードです。

クレジットカード会社は貸し倒れを防げるので、カードの審査に通りやすいというのが最大のメリットです。


ここからは、総合的におすすめの法人カードをご紹介していきます。

ランキングで比較

  • 1位法人用ラグジュアリーカード(ブラック)

    法人用ラグジュアリーカード(ブラック)

    • visa
    • mastercard
    • jcb
    • amex
    • dinners
    法人用ラグジュアリーカード(ブラック)のおすすめのポイント!

    トップクラスのステータス性を誇るブラックカード!

    高級感あふれるブラックカード

    他のクレジットカード会社のブラックカードにも引けを取らない存在

    ストランへの送迎サービス「ラグジュアリーリムジン」や、会員限定のラグジュアリーイベントの「ラグジュアリーソーシャルアワー」などを利用可能

    • ETC
    • ポイント高還元
    • QUICPay
    • 海外旅行保険
    • 国内旅行保険
    法人用ラグジュアリーカード(ブラック)の調査結果を見る 法人用ラグジュアリーカード(ブラック)の公式サイトでチェック
  • 2位セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

    • visa
    • mastercard
    • jcb
    • amex
    • dinners
    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードのおすすめのポイント!

    特定サービスの利用でポイント還元率アップ!

    「ビジネスが青く広大な海に漕ぎ出すように展開する」という願いが込められた鮮やかな青い券面

    申し込みには登記簿謄本や決済書が不要なのでインターネットで完結

    クラウドワークスやYahoo!ビジネスセンターなど、ビジネスで役立つサービスの支払いでポイント還元率が4倍

    年会費無料の追加カードを4枚まで発行可能

    • ETC
    • ポイント有効期限なし
    • iD
    • QUICPay
    キャンペーン情報
    • 新規入会&カード利用で最大7,000円相当のポイントをプレゼント!
    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの調査結果を見る セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの公式サイトでチェック
  • 3位セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

    • visa
    • mastercard
    • jcb
    • amex
    • dinners
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードのおすすめのポイント!

    圧倒的なサービスを誇るセゾンのプラチナビジネスカード!

    さまざまな業種の経費の支払いに料金交渉の手間なくいつでも優待価格で利用できる「ビジネス・アドバンテージ」

    会員専用インターネットサービス「Netアンサー」にて直近3か月分のカード利用明細データをダウンロードできる「ご利用明細データ ダウンロードサービス」

    カード年会費優遇(年間200万円以上の利用で翌年度半額)

    空港ラウンジ利用やプライオリティ・パスの申し込みが無料

    • ETC
    • ポイント有効期限なし
    • iD
    • QUICPay
    • 海外旅行保険
    • 国内旅行保険
    キャンペーン情報
    • 条件を満たすと最大9,000円相当の永久不滅ポイントをプレゼント!
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの調査結果を見る セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの公式サイトでチェック
  • 4位アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

    • visa
    • mastercard
    • jcb
    • amex
    • dinners
    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのおすすめのポイント!

    ビジネスに役立つサービスが豊富と人気のビジネスカード!

    設立の浅い会社でも申込可能で、ビジネスシーンをサポートしてくれる人気の高いアメックスブランド

    四半期管理レポートの出力も可能で、3か月ごとの利用記録を会員別・業種別に集計可能

    空港ラウンジ利用や送迎サービスやゴルフやレストランでの優待サービスなど、出張や接待に役立つサービスも豊富

    福利厚生サービス「クラブオフ」のVIP会員登録料が無料

    ビジネスカード会員限定のイベントを開催

    • 海外旅行保険
    • 国内旅行保険
    キャンペーン情報
    • 入会から1年間に合計200万円(税込)以上のカード利用で30,000ポイントをプレゼント!
    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの調査結果を見る アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの公式サイトでチェック
  • 5位ダイナースクラブ ビジネスカード

    ダイナースクラブ ビジネスカード

    • visa
    • mastercard
    • jcb
    • amex
    • dinners
    ダイナースクラブ ビジネスカードのおすすめのポイント!

    一律の制限がないハイステータス法人カード!

    会計ソフト「freee(フリー)」:初年度利用料が2か月分割引

    ダイナースクラブ ビジネス・ラウンジ:銀座サロンを利用可能

    ダイナースクラブ ビジネス・オファー:加盟店での優待サービス

    追加カード発行無料

    • ETC
    • ポイント有効期限なし
    • QUICPay
    • 海外旅行保険
    • 国内旅行保険
    ダイナースクラブ ビジネスカードの調査結果を見る ダイナースクラブ ビジネスカードの公式サイトでチェック
  • 6位NTTファイナンスBizカード レギュラー

    NTTファイナンスBizカード レギュラー

    • visa
    • mastercard
    • jcb
    • amex
    • dinners
    NTTファイナンスBizカード レギュラーのおすすめのポイント!

    年会費無料の高還元法人カード!

    年会費が永年無料の珍しい法人カード

    ポイント還元率は1%と高還元で、貯まったポイントは1ポイント=1円として使える

    会員専用ポイントモール「倍増TOWN」を経由すればポイントは最大26倍

    カードの利用履歴の確認に役立つ明細書は編集可能なので、経理処理は一層便利

    Amazon Business:法人向け価格で商品を購入可能

    海外旅行傷害保険(自動付帯):最高2,000万円

    • 年会費無料
    • ETC
    • ポイント高還元
    • 海外旅行保険
    • 国内旅行保険
    NTTファイナンスBizカード レギュラーの調査結果を見る NTTファイナンスBizカード レギュラーの公式サイトでチェック
  • 7位三井住友ビジネスカード for Owners

    三井住友ビジネスカード for Owners

    • visa
    • mastercard
    • jcb
    • amex
    • dinners
    三井住友ビジネスカード for Ownersのおすすめのポイント!

    手軽に作れる三井住友の法人カード!

    通常の三井住友カードにビジネスに役立つサービスをプラス

    登記簿謄本・決算書が不要なので、一般的な法人カードよりも作りやすい

    セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドでポイント5倍

    • 初年度無料
    • PiTaPa
    • WAON
    • iD
    • 海外旅行保険
    キャンペーン情報
    • 新規入会&ご利用で最大10,000円相当のVJAギフトカードをプレゼント!
    三井住友ビジネスカード for Ownersの調査結果を見る 三井住友ビジネスカード for Ownersの公式サイトでチェック
  • 8位JCB一般法人カード

    JCB一般法人カード

    • visa
    • mastercard
    • jcb
    • amex
    • dinners
    JCB一般法人カードのおすすめのポイント!

    ETCカード複数発行可能な法人カード!

    年会費は無料で、複数枚のETC専用ICカードを発行することが可能

    月々のご利用合計金額に応じてOki Dokiポイントが貯まる

    法人向け出張サービス「JAL ONLINE」「ANA desk」

    「エクスプレス予約」が会員価格1,100円(税込)

    • ETC
    • 初年度無料
    • QUICPay
    • 海外旅行保険
    • 国内旅行保険
    キャンペーン情報
    • WEB入会で最大20,000円分プレゼント
    • 使用者カード申し込み&利用で1名につき3,000円分のギフトカードプレゼント!(最大9,000円分)
    JCB一般法人カードの調査結果を見る JCB一般法人カードの公式サイトでチェック
  • 9位EX Gold for Biz

    EX Gold for Biz

    • visa
    • mastercard
    • jcb
    • amex
    • dinners
    EX Gold for Bizのおすすめのポイント!

    充実のサービスであらゆるビジネスシーンをしっかりサポート!

    初年度年会費無料、2年目以降も2,200円(税込)という格安の年会費で持てる法人向けゴールドカード

    キャッシング機能付きの個人事業主用と、社員用のカードが追加可能な法人代表用の2種類

    Visa・Mastercardのコンタクトレス決済対応

    福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」の優待サービス

    • ETC
    • 初年度無料
    • 海外旅行保険
    • 国内旅行保険
    キャンペーン情報
    • 公式アプリログイン&カード利用で最大7,000円相当のオリコポイントをプレゼント!
    EX Gold for Bizの調査結果を見る EX Gold for Bizの公式サイトでチェック

※現在上記ボタンからのEX Gold for Bizお申込み受付は停止しております。

  • 10位ライフカードビジネスライト(スタンダード)

    ライフカードビジネスライト(スタンダード)

    • visa
    • mastercard
    • jcb
    • amex
    • dinners
    ライフカードビジネスライト(スタンダード)のおすすめのポイント!

    負担0で作りやすいお手軽法人カード!

    本カード・従業員カード・ETCカードすべての年会費が無料

    審査書類は本人確認資料のみ。さらに審査のハードルも低い

    スタートアップ企業・フリーランスの方など、審査に不安がある方におすすめ

    福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」の優待サービス

    • 年会費無料
    • ETC
    ライフカードビジネスライト(スタンダード)の調査結果を見る ライフカードビジネスライト(スタンダード)の公式サイトでチェック

「法人カード」と「個人カード」の違い

法人カードのクレジットカードの使い方は個人カードと基本的には変わりません。

法人カードの大きな特徴は以下の通りです。

  • 法人名義の口座から引落しが可能
  • 社員や役員向けのカードを発行可能
  • 利用明細履歴が取り込める

クレジットカードによってサービスは異なりますが、あらゆるビジネスシーンに対応した優待・特典などが豊富に用意されています。

法人カードを作るメリット

会社を設立したらまず法人向けのクレジットカードを作っておきたいところ。

小規模法人でも個人用カードと法人用カードを使い分けることがおすすめ!  

個人と法人の区別が明確になる

個人が立て替えた場合、どれが私的な利用なのか仕分けや経費精算が発生し手間がかかります。

「経費はすべて法人カードで」と徹底すれば、法人カードを利用した分はすべて経費と明確になります。  

経費精算がスムーズ

立て替え払いが不要になることで、経費精算が不要になって経理担当者の手間が減ります

会社の運営上必要な備品の購入や家賃、電話料金などの経費も法人カードを利用することで、経費の計上漏れや支払い漏れも減ります

また、紙の領収書と違って紛失や劣化のリスクもありません

クレジットカードによっては利用明細を会計ソフトに取り込むこともでき、経理業務がより効率的に!

経費精算

余計なコスト削減

今まで銀行振込やコンビニ決済していたものを法人カードを利用すれば、その都度支払っていた手数料の削減につながります。

余計なコストの削減

 

キャッシュフローの改善

法人カードで支払いをした場合、口座からの引き落としが翌月または翌々月(約60日間)と、支払いまでの猶予が生まれます。

つまり会社の銀行口座に残るお金が増えるため、キャッシュフローにゆとりが生まれます。

また、支払いがカードの引き落とし日に統一されるためキャッシュフローが安定化します。

特に創業して間もない会社にとっては大きなメリットになるでしょう。

キャッシュフローの改善

 

クレジットカードのポイントを活用できる

クレジットカードの最大のメリットであるポイント還元は、法人カードにも適用されます。

運営上のあらゆる支払いをクレジットカードにすることによって多くのポイントが貯まります!

使い道はマイルに交換して業務に利用したり、社内で必要な備品と交換したりとコストの削減にもつながります。  

ビジネスをサポートする優待サービスが付帯

法人カードには、利用明細のデータ化や福利厚生サービスなど、ビジネスをサポートしてくれるサービスが付帯しているカードが多くあります

ビジネス向け優待サービスの例
  • 会計ソフト(freeeなど)利用の割引
  • 福利厚生サービス(ベネフィット・ステーションなど)利用の割引
  • 旅行費用・交通費の割引

 

追加カードが発行できる

社員用の追加カードやETCカードを発行できるかも重要です。

社員用に追加カードを発行すると、経費の仮払いや立替業務の効率化 が図れます。

ETCカードを利用すれば、ポイントが貯まることに加え高速道路の料金もひとまとめにすることができます。

仕事で車を利用する機会が多い法人にとっては大きなメリットです。

ETCカードを発行できる法人カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード:年会費550円(税込)
  • 三井住友ビジネスカード for Owners:年会費550円(税込)初年度無料、年間に1回以上ETC利用があれば無料
  • ライフカードビジネスライト(スタンダード・ゴールド):無料
  • JCB法人カード:無料
  • NTTファイナンスBizカード(レギュラー):年会費550円(税込)
  • NTTファイナンスBizカード(ゴールド):無料

法人カードを作るデメリット

年会費がかかる

個人用には年会費が永年無料のカードがありますが、法人カードのほとんどは年会費が発生。

金額は2,000円~30,000円程度と高いクレジットカードが多いです。  

審査に通らなければならない

クレジットカードの審査が必要なのは、個人カードも法人カードも同じです。

しかし法人カードの場合、会社の設立年数や黒字決算が審査で考慮されるため、設立して間もない会社(スタートアップ企業)や赤字を出している場合は審査に通らないおそれがあります。

ただし、設立直後の会社が審査に通ることもありますし、一部審査に通りやすい法人カードもあります。

スタートアップ企業にもおすすめの法人カード

法人カードの審査の注意点

クレジットカードを作る際にどうしても気になるのがクレジットカードの審査です。

個人向けクレジットカードの場合、今までカードを作ったことがない方や、専業主婦やアルバイトでもクレジットカードを作るのは難しくありません。

しかし法人・個人事業主の場合は要注意! 一般的には「設立後3年以上」「黒字経営」「申請者自身のクレジットヒストリーやステータス」が審査に影響すると言われています。

そのため「設立後間もない会社」や「経営が赤字になっている会社」は審査に落ちる確率が高いと言われます。

しかしデポジット型法人カードは最初にデポジット(保証金)を預けることで審査に通りやすくなります!

審査に通るか不安、すでに落ちてしまったという方はデポジット型法人カードをお試しください。

すぐに申し込めるデポジット型法人カード
ライフカードゴールドビジネス(デポジット):1,000万円を超える限度額を設定可能!

法人カードの審査の詳細についてはこちらをご覧ください。

法人カードの審査

法人カードの審査基準|審査通過のポイントとおすすめカード3選紹介

法人・個人事業主が法人カードを持つべき理由

「個人ではクレジットカードを複数枚持っていたとしても、ビジネス用のクレジットカードは所有していない」という経営者も少なくありません。

「ごく小規模な事業所だから」「個人事業だから」という理由で個人カードをそのまま利用しているのは賢明とは言えません。

ここでは法人カードを持つべき理由と、ビジネスにおすすめのクレジットカードについて解説していきます。  

個人カードでは経費を扱えない

一般的なクレジットカードで支払えるのは個人的な利用分のみというカード規約があります。

つまり、個人カードは経費の支払いを原則禁止されています。

もちろん個人のクレジットカードでコピー用紙を購入したり、出張費用を支払ったりしたからといってカード会社がいちいちそれを咎めることはありません。

しかし、相手先への支払いや会社の商売に直接かかわる仕入れなどに対して、個人のクレジットカードを使うことは規約違反となります。

小規模な商売でも、ちょっとしたネット広告などを出稿する機会は多くなってきています。

うっかり個人のクレジットカードを利用して、強制解約ということにもなりかねません。

  それに対し、法人カードはビジネスに特化したクレジットカードです。

業務上のさまざまなシーンでの利便性が高く、また多様なビジネスサポートが特典として付帯しています。

規約違反の危険性もなく、安心してビジネスに使える法人カードを取得するのは、経営者としての常識といえるでしょう。  

法人化していない個人事業主にもメリットがある

法人カードを作るメリットとしては、次のようなことが考えられます。

  • 私的利用とビジネス利用の区別が明確になる
  • お金の流れを可視化することができビジネスの効率化につながる
  • 支払いを先送りでき計画性が生まれる(キャッシュフローの改善)
  • ビジネスサポートサービスが利用できる

これらは事業の大小にかかわらず、経営を行う上で重要なポイントです。

経理担当がいる場合には細かな現金の扱いが減り、経理業務を軽減できます。

社員ひとりひとりの出張費や日々の消耗品購入も、利用明細からすべて把握できます。

また経理作業をひとりで行わなければならない個人事業主こそ、ビジネス用クレジットカードを持つことで余分な作業から解放されます。

お金の流れがわかりやすくなる上、経費とプライベートが区別されることで、確定申告時には正確な経費計上ができるようになります。

経営者、個人事業主に対して、ビジネス上の悩みを相談できる窓口を完備した法人カードも多数あります。

ビジネス上の相談

まとめ

  • 法人カードを作れば私的利用とビジネス利用の区別が明確になる
  • 経理精算がスムーズになり、キャッシュフローの改善に役立つ
  • 設立して間もない会社は本人確認書類のみで申し込める法人カードがおすすめ

経営者としてお金の出入りには頭を悩ませるところですが、法人カードを利用することで経営の効率化を図り、キャッシュフローの見える化が実現できます。

小規模な事業所の課題は作業が煩雑になり、経理事務が混乱しがちなことです。

法人カードを上手に利用すれば、必要経費の克明な記録が実現し、経費削減の計画も立てやすくなります。

口コミ

性別・年齢女性・20代
職業会社員
会社の指示で法人向けのクレジットカードを取得しました

うちの会社は「コーポレートカード」というカードを発行して、出張費・経費等をそのカードで精算するように言われています。

出張が少ない部署なら、入社してすぐにカードを作るような指示は受けないですが、私が所属した部署は圧倒的に出張が多いところなので、早々にカードの申し込みをすることになりました。

必要ないのであれば使いたくないですが、このカードを使用すると会社名義の口座から費用が落とされるため、清算関係の処理に現金そのものが発生せず、工数削減・誤った費用清算等のリスクを削減することが出来、とても便利だと思います。

また、カードを持っているだけで旅行時の損害保険がついているので、便利だと感じました。

性別・年齢男性・20代
職業会社員
仕事の出張で新幹線を利用するので予約が取りやすい

会社がグループ全体で、精算のキャッシュレス化を主目的に、海外出張時の傷害保険加入の事務削減や、国内出張時の新幹線チケット手配の簡素化のため。

また、福利厚生の一環として、法人向けのクレジットカードを導入している。

取得したい社員はこのカードを取得できる。仕事で出張があるスタッフは新幹線をよく利用するので、新幹線を利用するときに予約が取りやすいので持っていて便利である。

また、この法人向けクレジットカードを持っていることで、海外出張における傷害保険が自動的に適用されるので持っていて損はないと感じた。

このクレジットカードを取得するかどうかは個人の自由だが、上記特典があるため、取得し利用しようと考えた。

性別・年齢男性・30代
職業会社員
仕事で使う費用の管理を極力カードで行うため

クレジットカードを取得しようとしたキッカケは、会社員を辞めて自分の会社を作るべくして個人事業主用のカードが必要だったからです。

自分の普段使いの銀行とは別の口座を作り、仕事に使われる費用と区別して使わなければならなかったので作りました。

仕事用のカードを作れば、月々の明細も普段の生活用と仕分けができて簡単に税理士さんにお渡しすることができますし、基本カードを持っていればネット通販なども簡単に決済できます。

仕事に使う費用は極力カードで行えば、面倒なことは省けるので便利です。

個人事業主用のカードを持つことは、個人で商売をしていくには必須なものだと思います。

金銭的な管理はカード明細で足りるようにするのがベストです。

性別・年齢女性・30代
職業会社員
ポイントが貯まり、商品券に変えることが出来て買い物ができる

私の好きなお店が何軒も入っている商業施設があり、そのクレジットカードをその商業施設で使うとポイントが二倍になるので作ったのがきっかけです。

普段、その商業施設以外でも1ポイント貯まります。なので公共料金の支払いにもポイントが貯まります。

普段の買い物やドラッグストアーや公共料金等で気が付けばかなりポイントが貯まります。

貯まったポイントはその商業施設でまた金券に変えて買い物が出来ます。

思わぬ出費の月はかなり助かります。

この通常のポイントとは別に商業施設のポイントカードもついていますので、そのポイントも貯まり商業施設内のお店でも金券になりダブルでお得なんです。

しかも、ETCカードもセットでついてますので高速にのるたびにもポイントが貯まります。

かなり節約にもなりますよ。

性別・年齢女性・40代
職業会社員
クレジットカードがあると経費の管理が楽

個人事業主になると、経費をしっかりと管理する必要が出てきます。

経費の支払いを現金で行う場合、金銭の流れをメモして把握しておきます。しかし、忙しくてメモするのを忘れてしまうことも少なくなかったのです。

経費の支払いをクレジットカードでの支払いに統一しておけば、カードの明細書で経費をすべて管理することができ、とても楽です。

確定申告の時には、領収書を添付して提出しますが、クレジットカードを使った場合、カード会社から発行してもらう明細書が領収書の代わりになるので便利です。

クレジットカードを使うと、ポイントやマイルも貯まるし、一石二鳥です。

海外への出張でトラベルサービスを利用することもできるので、重宝しています。

性別・年齢女性・30代
職業自営業
急な仕入れの場合に、大きな金額が一括で支払いが出来るので便利

信販会社の個人ローンの取り扱いもしている自営業、小売業の個人事業主です。

20年ほど前に自社と取引があるローン会社の担当の方に勧められて便利な法人・個人事業主向けカードを申し込みました。

大口金額の商品販売を突然頼まれることが多くその仕入の為だけに法人・個人事業主向けカードを作りました。

金額は300万まで支払えるので、とても便利です。

一時期、カード自体がなくなるという話があり使用ができなくなりましたが、なぜか2年後ぐらいにまた勝手に送ってきました。

そんなことがあったので、カード自体は手元にあるのですが、信用できずに使っていません。

でも大口取引があり支払いが重なってしまう時は使えると思うので、カードは自動更新されるままにしてあります。

性別・年齢女性・40代
会社の出張等の経費精算に必要だったので作成した

今の勤務先に入社してから会社での経費精算に必要だからと上司に勧められて作成しました。

仕事で使用する交通費や出張やガソリン代等の代金を自分が立て替える必要がないので助かりますし、精算も簡単に出来るので便利です。

現金だと、レシートを無くしたら精算出来ないので不安になることもあります。

財布に現金が少なくなっていても、急に手土産をするときとか助かります。

ゴールドなので、空港ではラウンジも利用できますし保険も付いています。

法人カードなので自分で年会費を払わなくてもいいところも気に入ってます。

カードの使用方法については、電話で問い合わせも出来るしインターネットでも出来るので安心です。

出張のホテル予約も優待等があります。

性別・年齢女性・20代
公私ともに飛行機を使う事も多く、自身の家族も持っているから

社会人としてのツールとして取得、所持しておこうとおもったのがきっかけです。

付き合いとの食事での支払いや移動手段の飛行機にはスマートに支払いを済ませたいと思いました。

そして私の家族、兄弟、配偶者が持っていたのもハードルが低かったからです。

カードが手元に届くまでがスピーディーな事も素晴らしいと思います。

また、マイルを貯めて活用する事も重要だったからです。

月々支払い(引き落とし)に使え、かつマイルも貯められると言う事もポイントの一つでした。

日本の紙幣、貨幣は種類も多くいかに不便であるかを日常生活で感じていた自分にとっては新しい支払いのツールとして自分の時間や自由の可能性を広げてくれる重要な存在です。

ですから知人やビジネスマンにオススメしたいと思っています。

性別・年齢女性・40代
自営業を営んでおりますが、法人登記認め習得しやすかったから

我が家は自営を細々と営んでおりますが、いろいろな理由からも会社を法人登記したために最も作りやすいと噂されている(これは友人や仕事関係者から聞いた情報ですが)オリコビジネスカードをまず習得しました。

当初、貧乏時代で、どこのクレジット会社も審査が落ちることも多く諦めていましたが、当方では法人事業主としてすぐに習得することができました。

その中身においては実はあまり明確に把握せず、友人から勧められた情報のみで習得しています。

還元率の良さについて知ることとなったのは、習得してからのこと、随分と後からということになります。

周囲にもクレジット審査が通らない…と悩ましい相談を寄せられると、こちらをおすすめしていいます。

機能で絞り込める!クレジットカード検索

条件を入力してください

機能・特徴で選ぶ

年会費で選ぶ

国際ブランドで選ぶ

カードの種類で選ぶ

付帯カードで選ぶ

付帯保険・補償で選ぶ

マイレージで選ぶ

電子マネー付帯で選ぶ

支払日で選ぶ

クレジットカード 会社別一覧

銀行系
信販系
ガソリン
ネット・通信系
航空系
鉄道系
小売店
人材サービス

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。